前回の記事はこちら

撫でられるときに犬は
耳の角度を調節して

「なでなで可能エリア」を
広げて作ってくれるのです。


20200904なでまち1
20200904なでまち2
思わせぶり禁止。

思わせぶりなことを
した者は必ず
責任を取ってなでなで
しなければならないのです。



FullSizeRender
通常時は
耳の穴が正面を向いて

耳と耳の間も狭めです。



97745465-s
なでなで時や
ご機嫌時には

耳をワイパーのように広げて
耳と耳の間に
「なでなで可」スペースを
作っています。

耳の穴もちょっと外向きに
なっています。



FullSizeRender
耳の穴を完全に外に
向けることもできます。

自由自在で
レーダーのようですね。



IMG_4599
ちなみにスタッフの

「水たまりに入らないで」
「そろそろ立って」
「もういい加減に帰ろう」

などという小言が
うるせいときは

「聞こえないふり」
をするために
耳の穴を外に向けています。

目も合わせません。


◆まんが書籍化◆


◆ブログランキング◆
↓ クリックで応援投票してね ↓

にほんブログ村 犬ブログへ

犬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ
宮路ひまシリーズ