私は、飼うなら絶対に柴犬がいいと思っていました。


それから将来年を取ってもずっと犬と一緒の暮らしがしたいなぁと思っています(*´ω`)



私の両親も犬が大好きで、特に柴犬が大好き


そんな中で、なにげなく父がうちの子犬を見ながら言った言葉がとても印象的でした。



A04E3886-3643-4F8C-A875-B02912E8E087.jpg

「お父さんとお母さんはこの子が人生最後の柴犬になる」





私は今20代半ばなので、この子が元気に犬生を全うしてくれたら、その時にはきっと40歳くらい。

その年には家を出て結婚していて、子供もいるのかな?となんとなく想像します。


まぁ、その時になってみないとわからないんだけどね


そこからまた新しい家族と柴犬を飼いはじめることもできるかなとは思う。


できるか、できないか。
なら、できる。



eab1cb74.jpg

だけど、その頃にはもう、両親は70歳くらい。



中型犬で、お散歩するのにも多少大変な柴犬さんをその年から飼い始めるのは難しい。



だからお父さんは「人生最後の柴犬」と言ったのですね。


cc6deb70.jpg
子犬と添い寝するお母さん


両親とも動物が好きだから、もしかしたら負担の少ない小型犬や、ニャンコやウサを飼うかもしれないけど、柴犬はもうこの子で最後。


41c55f86.jpg



それを聞いたら、なんだか少し切なくなってしまった…(;_;)



55265d82.jpg
照れくさいから2人には絶対に言えないけども(・_・;////


わんこの事も、両親の事も、
これから先、もっと大事にしなくては…


そう感じさせてくれた出来事なのでした