IMG_9900
以前のブログでも
書いたように

昨年12月に
避妊手術をした
たんぽぽさん。



IMG_9832
このとき生後7ヶ月。

これは私の個人的な
意見ではありますが

生後半年を超えて
身体的な問題や
特別な理由がなければ

早めの避妊手術を
することをおすすめします!

私が実体験から
そう感じたその理由を
説明しますね。



IMG_0008
お腹の毛を
ツルツルに剃って

約1〜2センチほどの
傷ができていたのですが
(写真は抜糸前)

本猫は辛そう・痛そうな
様子もなく暴れ回り
至って元気で
過ごしていました。

現にこの写真の私の手は
食われ蹴りまわされています。



IMG_0654
あれから
1ヶ月足らず(きみまろ)



IMG_0655
お腹を見てください!

ほんの一月足らずで
どんぐりも鼻水出して
逃げ出す発毛力で

元からある毛と
丸刈りされた部分に生えた
新しい毛の段差ももうすぐ
分からなくなりそうなほど。



IMG_0656
傷口もよく見ないと
どこを縫ったのか
わからないくらいに
きれいに治りました。

人間もそうなのですが
たぶん新陳代謝や細胞分裂が
盛んなことから

10歳と40歳では
子供の方が断然
傷の治りが早く

短期間できれいに
治る力が強いため
負担が少なく本人も楽です。



IMG_0414
またメンタル面でも
幼い時の方が
辛い思い出として
記憶に残りにくいような
気がします…!(私の体感)

どんぽぽは手術前後で
性格などまったく
変わりませんでした。


逆にぺっちゃんは
我が家の初めての犬で
避妊手術のタイミングが
どんぽぽより遅かったので

3匹の中では
心身共にいちばん負担を
かけてしまったように
思っていました。



IMG_0409
子犬子猫と暮らしていて
(今後暮らす予定も含む)

いつかはしなきゃ…と
考えている方は

獣医さんや本猫(犬)の
身体とよく相談しながら

生後半年を過ぎたら
早めの手術のメリットについて
ぜひ調べたり
検討してみてくださいね〜





◆まんが書籍化◆


◆ブログランキング◆
↓ クリックで応援投票してね ↓

にほんブログ村 犬ブログへ

犬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ
子猫シリーズ