【モチモチの犬】~伏見のキツネの伝説~
宮路ひま


IMG_5666
すこしむかし、
あるところに

アゴを中心として全体的に
モチモチとした犬がおりました。


IMG_5668
顔はだいたいいつも
台形をしておりました。

そのモチモチは柔らかく、よく伸び、
なんとなく癒されるので

寒い冬の間、
このモチモチの犬は
なかなか好評なのでした。


しかし…


IMG_4971
桜も散ったある日のこと

京方面から強く神々しい
光が刺し、モチモチの犬を
包んだかと思うと…!


なんということでしょう。


FullSizeRender
モチモチの犬は姿を消し

そこには見知らぬ
1匹の貧弱なキツネが

ただただ気だるそうに
横たわっているだけなのでした…。


IMG_5665
あのモチモチの犬は
どこへいってしまったのかと
家族は悲しみにくれましたが

慣れるとキツネはキツネで
じっと見てるとちょっと笑えるなと
ポジティブに思い直し


IMG_5671
栄養価の高いめち や
フカフカクッションなどを与え
適度に可愛がることにしました。


75ifk736
キツネはしだいに元気を取り戻し

キツネと家族はまるで
昔からの付き合いだったように
すぐに打ち解けました。


IMG_5244
しかしそんなある日のこと

すっかり元気になったキツネは
切なそうにこう言いました。

「そろそろ
行かねばならぬのね」


IMG_5242
なにやら使命があり
京方面に行かねばならぬとの事で

キツネは旅立つことを
決めたようでした。


IMG_5243
「今までお世話になったのね」



IMG_5541
キツネがいってしまってから

さびしく思った家族は
キツネを探しに
同じく京方面に旅立つことにしました。


IMG_5655
すると赤い社の並ぶ傍らに
よく似たキツネの像を
見つけたのでした。


IMG_5656
あのときのキツネだ!

そう言うと
像はたちまち家にいた
あのキツネの姿に変わりました。


FullSizeRender
「あのとき
助けていただいた
キツネですのね」

家族とキツネはこうして
ふたたびめぐり合い
互いに再会を喜び、

愛に姿形は関係ないのだと
いうことを学んだのです。


IMG_5656
年に何度かはキツネは使命の為に
京方面に旅立つものの
また家族と仲良く暮らすことにしました。


社のすぐそばには
今も使命を果たすキツネのその姿が
残っているとかいないとか。

おわり
~伏見のキツネの伝説~


※この物語は史実・事実とは異なる場合があります。

◆ブログランキング◆
↓ クリックで応援投票してね ↓

にほんブログ村 犬ブログへ

犬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ
◆ブログランキング◆
↓ クリックで応援投票してね ↓

にほんブログ村 犬ブログへ

犬ブログランキングへ


人気ブログランキングへ
毛シリーズ
パロディシリーズ