柴犬どんぐりコロコロまんが日記

まんがで明るくおバカな柴犬どんぐりと 家族のちょっと笑える毎日。 ◆2017年2月23日(木)書籍化「ドヤ顔 柴犬どんぐり」発売!

ドヤ顔柴犬どんぐり



良い柴犬ブリーダーさんの選び方について調べていたら、



よく「豆柴」「小豆柴」という言葉を目にしました。



豆柴は知っていたけど、あずきしばは知らなかったなぁ…新しい言葉なのかな^^;;

豆柴よりもさらに小さい柴犬のことを小豆柴と、そう呼ぶようです。
豆柴は普通の柴犬にくらべて体が小さいので飼いやすく、人気があるようですね。


逕サ蜒・180.jpg
豆じゃない柴



柴犬ブログを呼んでくれている方なら、豆柴という犬種はないことはおそらく知っている方が多いと思います。



調べたところ、一般的に小さな柴犬を「豆柴」と称しているところはあるけど、

日本犬保存会では「豆柴」と書かれた血統書は発行していません。


なぜ豆柴という犬種が認められていないかというと、「柴犬」そのものの基準の大きさに足りないから。

小さくて規格外ということですね。


そして豆柴が増えすぎて柴犬そのものの基準がなくなってしまわないよう保存するために、豆柴の血統書を発行することはない。

(血統書の表記は普通に「柴犬」になります)



というのが私に理解できた理由でした^^;


逕サ蜒・816.jpg
ごろん柴



人間は本能的に小さいものはかわいい!と思ってしまいます。
日本人は特に小さいものが大好きです。



豆柴も、体が小さければ小さいほど愛好家の間で人気があり、とってもお高~~い値段がつきます。
ティーカップに入るサイズのティーカッププードルも100万円くらいするから、ああいう感覚だと思います。


豆柴はたいてい、小さめの柴犬×小さめの柴犬を掛け合わせて生まれるチビちゃんです。

良いブリーダーさんはたいてい親犬同士の欠点を補い合えるような掛け合わせ考えます。
そして柴犬の模範的なスタンダードに近づけるよう、注意しています。


ただ、きちんとしたブリーダーさんのところでそういうことをちゃんと考えられて生まれてきた小さめ柴ちゃんはいいのですが、豆柴だと高く売りれるばっかりに、

とにかく小さく産ませたい!とにかく小さい柴犬同士を掛け合わせればいい!!

と、やっきになっているブリーダーさんも中にはいます。



逕サ蜒・053.jpg
自らはさまりに来る柴




当然、やりすぎるとどんどん本来の柴犬の大きさ基準の中からはみ出ていくことになりますし、
無理やり小さくしているのですから体になにかの異常が現れるケースもあります。;;


日本犬協会はそれを心配して豆柴ちゃんを認定していないのです。




なので、私が言いたいことはブリーダーさん選びの一つの基準として、柴犬やトイプードルなど特定の犬種において、

豆柴、小豆柴、ティーカップサイズなど、
犬の大きさが普通より小さめな事を全力で推していないこと!


これはけっこう、大切なことだと思います。


「この子はきっと小柄に育つと思うわよ〜(´▽`)」

くらいなら全然良いんですが、


小ささ保証!大きくなったら返金いたします!!

とか、小ささに全力投球しているブリーダーさんは避けた方がいいのではないかと予測されます。




生き物だし、予想より大きくなったり小さかったりすることは普通に考えられます。

ます柴犬は中型犬なので、ふつう大きさは10キロ前後にはなります。

(ぺっちゃんは大きめで小太りだったのでマックスのときで14キロありました


どうしても大きくなるのがイヤならば、柴犬を飼うのはやめて小型犬のポメラニアンさんを飼って柴犬カットを楽しむとか、他の方法にシフトしていったほうがいいのかなという考えです。


※ちなみにこの記事は豆柴、豆柴の飼い主さんを否定する意味は一切ありません。



4541.jpg
ポメさんの柴犬カット可愛い〜


でも実際に散歩で出会ったら可愛いすぎて笑ってしまいそう








そのできごとがきっかけで、私が柴犬をブリーダーさんから譲ってもらうのなら、絶対に良い柴犬ブリーダーさんから良い子を譲ってもらいたい!

そう強く思いました。


画像 774.jpg


先代犬ぺっちゃんの影響で、飼いたい犬種は絶対に柴犬!!と心が決まっていたけど、今回はペットショップ以外のところから迎えたい。



となるとやっぱり柴犬専門のブリーダーさんから譲ってもらうのが一番いいかな、という結論になりました。



じゃあ良いブリーダーさん・悪いブリーダーとはなんだろう(・_・?
それはどうやって見分けたらいいのか(・_・?

それが知りたかったので実際に柴犬ブリーダーさんを決める前に、自分なりにいろいろ調べたので、その内容をブログにまとめてみます。

今まさにブリーダーさん選びに困っているとか、
将来 柴犬を飼いたいから、その時は良いブリーダーさんから譲ってもらいたい!
という方がもしいれば参考にしてもらえたら幸いです。

しかし私はシロウトなので、あくまでこれは一つの考え方として見ていただければと思います♪

疑問を持ったらガツガツと自分で調べることも大切だと思います!



画像 181.jpg


★良いブリーダーさんとは?

(※赤字が特に大切なこと)


犬舎が清潔で、子犬と犬舎(犬たちが寝泊りしているおうち)見学を歓迎してくれる

犬たちを大切に育てていてやましい事が何もなければ、普通のブリーダーさんなら見学は歓迎してくれるはずです。
悪質なところは汚く狭いところに閉じ込め、ひどい環境で育てています。

・子犬が一頭ずつでなく、兄弟たちと一緒のケージなど、触れ合える環境で育っている

犬同士で触れ合うことで社会性を身につけさせるため、大切なことです。


取り扱っている犬種が柴犬だけ、もしくはもう1種類くらいの柴犬専門ブリーダー

人気犬種ばかり何種類も取り扱っているところは避けます。
取り扱い犬種が少ないほど柴犬の知識がや経験が豊富でいいなと私は考えます。


・動物取扱・販売業の資格を持っていて、登録番号も記載している

法律なので基本です。逆にできていないところは見えている地雷です。
絶対に踏まないようにしてください。


住所、氏名、電話番号(携帯電話ではない)を明記したホームページを持っている

ホームページがおしゃれかどうか、更新は頻繁かなどは関係ありません。
きちんとした表示をしていることが責任を持つ事につながっているので、そこが大切です。
個人情報を出したくない人には良くない理由があるのです。


ネットの子犬写真のみでの通信販売、陸送/空送をしない
(かならず実際に会いに行き、目で見てからの販売)

ネットで写真を数枚見ただけでは伝わらないことが絶対にあります!
必ず実際に犬に会いに行ってから決めることをおすすめします!
ひどいところだと、写真は使いまわしで本人(犬)の写真じゃないところもあります…;;写真を信じすぎてはダメです。


・質問したら育て方のアドバイスをたくさんしてくれる

飼ってからも相談できたり、長くお付き合いできるところが理想的です。
聞いてもめんどくさそうさったり適当に答えるところは避けます。

小さくて可愛いからと言って、生後数週間など間もないうちに、親犬や兄弟犬から引き離して販売しない

他の犬との挨拶の仕方や遊び方、このくらいの力で噛むと痛いんだなという力加減や接し方、上下関係など、犬にとってとても大切なことを、この時期に自分以外の犬と接することで子犬はぐんぐん学んでいます。
この時期が充実しているほど、人懐っこく気性の優しい性格のいい犬に育ちやすいといわれています。


・同じ犬種を飼ってる人からの口コミが良い・そこのブリーダー出身犬が元気
信頼ある良いところにはときどき卒業犬が集まったりもしています。
同じブリーダー出身犬の顔立ちがきれい(ビジュアルのことではないですよ)で健康的だと良いです!


ワクチン証明・血統証など書類がしっかりしている
たいていのところはちゃんとしていますが、ひどいところだと書類を作るためにお金がかかるので偽造や手書きだったりします。


・可能なら(いれば)親犬を見せてもらえる

子犬は母犬の性質を受け継ぐといわれています。
母犬が性格が良いか、健康で大切に飼われているかを知れるととても良いです。
※犬舎によっては親犬がいない場合もあります。


ワクチンなどの医療行為をちゃんとやっていて子犬が元気で健康
(目やに・鼻水・お尻の汚れ・皮膚病など、目でわかる不調がない)

基本です。これはペットショップでもぜひチェックするべきです。
悪質なところだと病気の犬を健康だとだまして売りつけることもあります。


・「今日中に決めないと他の人に決まっちゃうよ」 などと急かさない

これは犬というよりブリーダーさんの問題です。
うそみたいですが本当にこう言うブリーダーさんが結構いるらしく…;
衝動買いせず、この子がいい!と思えるまでは早まらない方がいいと思います。


-----------------------------------------

以上、他にも何か思い出したら追加していきます(笑)
たくさん調べて、シロウト考えですが、だいたいこのようなことを学んだのでまとめてみました。
上記が当てはまれば当てはまるほど良いブリーダーさんである確立が高くなると思います。


反対に、私が以前メールで接したような悪徳ブリーダーの場合は、この条件に当てはまらない項目が多くなるはずなので、説得力はあるかと思います。



画像 2033.jpg



私が接した悪徳ブリーダー


・犬舎の見学ができなかった

・動物取扱業の資格・取り扱い番号を記載していなかった(持っていなかった?)

・氏名や住所など個人情報を明かすのを嫌がった

・人気犬種ばかり何種類も取り扱っていた

・ワクチン証明が手書き

・生後間もない子犬を販売していた

・ネットの写真を見ただけで郵送で販売していた

・病気の犬を販売していた

・一般人を装って一般向け掲示板に無償の里親募集を装った書き込みをしていた

・そもそも詐欺犯罪だった



などなど…ま~~~わかりやすい><;;;

書き出してみると本当にひどい。

これでもメールでほんの少し接して不審に思い、後で調べたら出てきたことだけです。

まだまだ隠している悪いところはあると思います。



画像 1593.jpg


…しかし、反対に言うと、

事前に多少の知識さえあれば、ほんの少し接触しただけで悪徳ブリーダーかどうかはすぐに見抜ける!ということです



わたしもブリーダーさんについて自分で調べてみてはじめて知ったことがたくさんありました。

疑問に思ったらなんでも調べる!なんでも聞いてみる!
というのは、かなり大切なことだと思います。


犬は10年以上生きるし、一度飼いはじめれば途中で「やっぱりやめた!」なんてことは決してできません。
だから、犬を飼おうと決めたら調べて調べすぎることはない、と私は思っています。


DSCF7468.JPG
17年も元気に生きてくれたぺっちゃん♪


私は石橋を叩き壊すタイプなので、調べすぎて頭でっかちになりそうだけど^^;

そこは臨機応変にできるよう、理想を求めすぎて犬に負担をかけないよう、注意します!



以上、
こうして調べたことをふまえながら、私は柴犬ブリーダーさん探しをはじめました。




ブログを作ってから、早2週間くらいが経ち…

だんだん記事も増えてきたので、数日前に勇気を出してブログランキングに登録してみました!


じゃーん


1つめはにほんブログ村さんの柴犬カテゴリ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ


もうひとつはブログランキングさんの柴犬カテゴリ!



ランキングに登録すれば、もっとたくさんの人が読みに来てくれると聞きました!

それから、どうせランキングに登録するのならそりゃあ順位も高いところ目指したい!と思うので、私は頻繁な更新を目指して、しばしば←(言いたい)がんばります!

一日一回、バナーをクリックして応援してもらえるとやる気が出るし、嬉しいです^^!
もしよかったらポチっと、どうぞよろしくお願いします



画像 6958.jpg
3つのクッションのうち、1つとして見逃さないぺっちゃん



ちなみに…私は今、いったい何位くらいなんだろう(・ ・;)?と気になって見てみたら…

ブログ村さんのほう、
柴犬ブログ 1435サイト中、198位だって!!(4/28今この瞬間の順位です)

うわ~!!すごい!!なんで!?!?


ブログタイトルに【柴犬の子犬】とつけてるのに
まだ柴犬の子犬が家に来ていない(もうすぐ来ます)という、とんでもねーブログなのに…



画像 5443.jpg
うひょ♪ (ブレてるけど!)



それにしても…
ブログランキングのカテゴリを見ていて思ったんだけど、柴犬さんの人気はさすがです!!

私、トイプードルさんかチワワさんあたりがブログランキングに登録してるサイト数が一番多いのかな?おしゃれだし。

とか思っていたんですけど、ぶっちぎりで柴犬さんだった……!!!他の追随を許さない柴犬さん人気…!


柴犬さんカテゴリは激戦区の予感がするので
ランキングを駆けあがっていくのは難しそうだけど、やりがいもあって楽しそうです


無理せず、気軽に投稿していこうかと思います



画像 919.jpg
ねむしば。


前から不思議だったんだけど、柴犬さんの飼い主って、なんとなく熱烈な柴犬ファンの人が多い気がする。


そう思ってるのは私だけかな?
なんというか、熱量がすごい。




ブリーダーや繁殖業者は書き込んでは
いけないマイナーな無償譲渡掲示板で
一般人を装ったブリーダーと出会って
しまった私。



fc0be6e1.jpg



掲示板の書き込みにもメールにも当然

動物取扱業の記載はどこにもありません でしたし、
犬舎(ブリーダー)名も明かしません。

氏名は日本にすごく多い名字だけ
(例、田中)伝えられて、
偽名かなと思いました。

子犬をネット販売しているにも関わらず
ホームページもまだ無いんですよ(^_^)
とのこと…

文章はやけに馴れ馴れしい?
というか、まるで友達とメールして
いるような感じでした。


54535554-49BE-439D-8340-B737995FD8C0.jpg


行動や文章からなんかヤバい雰囲気を
感じた私は

もう何があってもこのブリーダーから
譲ってもらうつもりはありません
でしたが
後から知らされた相手のお住まいが
遠方だったことを理由にして
辞退する事を告げると、

チッて感じだったのか…(苦笑)

ぱったりと馴れ馴れしい感じのメールが
途絶えました。


8886DCBC-E4DE-4E2C-ABAC-F028A04A6BE8.jpg


よくよく掲示板を見ると

複数のアカウントを用意し、
名前やメールアドレスを
少しずつ変えながら、


柴犬だけでなくトイプードル、チワワ、
ダックスなどの
人気犬種の子犬もらってくださいと

次々とあちこちのマイナーな
無償譲渡用の掲示板に書き込んで
いました。


いわゆる有名な大手里親募集サイトは
決して使いません。
使えない理由があるからですよね。


ec496254.jpg


しかしいくら名前やアカウントを
変えてもある一定の特徴(伏せます)
あるため、注意して見ればすぐに
わかってしまいます。


私の他にも不審に思った方がいたようで
どなたかが指摘・管理人さんに通報して
下さり記事自体はすぐに消えるのですが


記事を何度削除されても
次々と新しいアカウント・名前を
つくっては書き込みまくっていました。


15DDC8E4-913E-4AF6-B0AA-F1F3A65FC591.jpg


そして私は、おそらくこのブリーダー
から実際に詐欺被害を受けた人たちの
書き込み(複数)をネットで見つけました。


・お金を払ったが犬がこない。

・勝手に引き渡しを延期され、
病気の子がきた。

・連絡が途絶えたので住所に行ったら
動物の汚物やゴミを残して夜逃げしていた。

・ワクチン証明が手書きのでたらめ。


など…
散々な様子でした。

訴えても警察は動いてくれないらしく
現状は泣き寝入りをしているようです。

警察が動かない以上、
実害を被っていない私には
実際に詐欺に合われて泣いている方
たち以上に、できることは何もない
のだと無力さを感じました。


3D01DC27-CD6A-4053-8AFC-B0E433B54CA9.jpg


犬には何の罪もないのに
人間の都合で振り回されます。


悪徳ブリーダーから送られてきた
あの写真の柴犬の子犬たちが
今どこかで幸せに暮らしている事を
願います。

私は本当に柴犬が大好きなので、
子犬も老犬も、赤も白も黒も胡麻も
関係なく、すべての柴犬が幸せで
いてほしいと心の底から願っています。


a1cceabf.jpg


以上が、私が初めて体験した
柴犬にまつわるさまざまな
悲しい・辛い・腹立たしい出来事です。


最近ネガティブな話題が続きましたが、
もし最初から読んでくださった方が
いたらありがとうございました。


暗い話はひとまずここで終わりです。



思い出しながら書くのは辛い部分も
あったのですが

あえて嫌なことを文字にすることで
客観的になり、

重かった心が清算できた気がします。

そしてこういう事があったのを
忘れないよう、自分でたまに読み返し
心に刻みたいと思います。


次からは
いよいよ柴犬の子犬との出会いについて
書いていきます。


心機一転!
明るい気持ちで書いていきますので
どうぞよろしくお願いします
m(._.)mペコリ



柴犬の子犬に出会うまで編


おわり



はじめての里親募集に申し込んだものの
残念ながらご縁がつながらなかった私

柴犬を迎えるための他の方法を
考えはじめました。


E54B5532-79CB-4CD4-879D-5B73D4B1FDD2.jpg



実は先代犬ぺっちゃんを迎えた17年前は
小学生だったので知識が全然なく…σ(^_^;)


ホームセンター内のペットショップから
お迎えしました。


7202AFC7-32E4-4468-9118-C0D13768EFB9.jpg


ぺっちゃんは運良く、
病気もケガもしたことがない

健康で長寿のキレイな子(親バカ)でしたが


だけど私は、やっぱりいろいろと自分で
調べて学ぶうちに、
次はペットショップ以外のところから
迎えたいなぁという気持ちが強くなりました。



※もちろんペットショップで購入された方、
する方のわんこを否定するわけではありません。

動物にはなんの罪もありませんし、

良質なペットショップも当然あるとは思います。


でも良質なペットショップかどうか?

それをお店の外から見極めるのは
私には難しい…(・_・;) と感じ、


今回ペットショップは除外することにしました。


ACEB8CB9-7FEC-4899-9E37-5B93B768C5DA.jpg



有名な里親募集サイトの次にネットで見つけたのは
かなりシンプルな動物譲渡掲示板でした。


そこはワクチンなどの医療費の請求を除き、

繁殖業者やブリーダーではない、
一般家庭の無償譲渡にかぎって書き込める
ゆるい感じの掲示板でした。
子犬が産まれちゃって困ってる

飼えなくなって困ってる などなど…




その掲示板に

「柴犬の子犬がいます。

きちんとやり取りしてくれる方希望。」


このようなすごくシンプルな書き込みを
見つけました。


住んでいるところの記載も、
子犬の写真もありません。


もしかしたらパソコンや譲渡に慣れていない方かもと
都合のいいようにとらえ(笑)

期待をしすぎないように予防線をはって
メールを出してみる事にしました。


93E4F65F-A12B-4DE3-ADAF-9F5396DFAE17.jpg


もしかしたら子犬が産まれちゃって
本当に困っている人かもしれない。

万に一つ、縁が繋がるかもしれない。


質問するくらいならいいやと(笑)



今思えばこの時点で怪しさムンムンでしたが
この頃は私も柴犬さん飼いたさにいろいろと
マヒしていたかもしれません。バカですねσ(^_^;)



まずメールで簡単に自己紹介をしてから
柴犬の写真とお住まいを伺いました。

するとまたたく間に
写真が数枚、送られてきました。



132794ffe6565d1f7ac45cf4d116846b_w.jpg



写真を見るとまだお顔が真っ黒で可愛らしい
生まれて間もない赤柴の女の子2頭でした。

そしてその方は




ブリーダーをしていて、
有償で子犬を譲ると言い出しました​。




※このブリーダーについては例によって
フェイクとぼかしを交えて書いています。



まず前提として、先に書いたように
ブリーダーや業者は書き込んではいけない
一般人向けの無償譲渡掲示板です。


後からわかったのですが


そのブリーダーは一般家庭を装い、

犬もらってくださいと掲示板に書き込み、

メールをしてきた人にだけこっそり

メール上で価格を伝えて子犬を売る。



…という手口を使う、確信犯かつ常習犯でした。




つづく